微妙な長さのカットソーを何とかしたい時のお助けアイテム

スポンサーリンク

腰やお尻が隠せて体型がカバーできると重宝するチュニックは長さが微妙に感じる時があります。

ワンピースとして切るには短いし、何かを羽織る時には裾からはみだしてだらしなく感じる。この長さをどうにかしたい。

 はみださない長さに切ったとしても、カットソーは伸縮するので裾を縫うのが難しい。それにまたチュニックとして着るかもしれない。

そんな時に役に立つアイテムがあります。

手芸用 シリコンゴムは役に立つ

ビーズでブレスレットを作るときなどに使う細いシリコンゴムというものがあります。100均にも売っています。

先日行ったSeriaには 0.8ミリと0.6ミリの太さのシリコンゴムがあって、私は0.6ミリの太さのものを買ってきました。細いゴムは針の穴に通り 布目にも通ります。

f:id:hamapon77:20180612105339j:plain

 

その細いシリコンゴムを穴が大きめの刺繍針に通します。

f:id:hamapon77:20180607161037j:plain

糸が通してある穴のほうを先頭にして、カットソーの裾の縫い目の中に針の頭を通します。そのままゴムも通していきます。

(注意点は針で指を刺さないように気をつけること)

f:id:hamapon77:20180607161244j:plain

針とゴムを1周通したら縫い目ではない場所でもいいので布の間から針の頭を突き刺して出します。針を全部出したらゴムを引っ張り出して端っこを結びます。

f:id:hamapon77:20180607161414j:plain

結びました。

f:id:hamapon77:20180607161711j:plain

結んだゴムの結び目は出したままにしておきます。ゴムを切れば元に戻せますので。

f:id:hamapon77:20180607161857j:plain

 

できあがりは以下のようになります。

f:id:hamapon77:20180607161925j:plain

ゴムの付いた裾を内側にたくし上げて着ると ウエストでゴムが止まるので、このような着方ができます。

f:id:hamapon77:20180607161942j:plain

刺繍針ではなくて、こういった時用の刺さらない針があるかもしれませんが我が家には無かったので刺繍針を使いました。針には気をつけてください。