hosoboso

ほそぼそと節約しながら暮らしています

かぶの葉っぱ  さっと茹でてから浅漬けにするととてもおいしい

スポンサーリンク

30年以上も主婦をやってきて、今更知ったことなんですが、

かぶの葉っぱは短時間茹でてから、浅漬けにしたほうがおいしいということ。

f:id:hamapon77:20170615151415j:plain

今までは かぶを薄くスライスして、葉っぱも細かく刻んで塩でもんで漬けていました。

でも、漬け方が足りないからか、葉っぱは青臭いような気がしたし、葉っぱの繊維が硬くてあまりおいしいと思えなかったんです。(実の方は大好きです)

 

ところが今回は 葉っぱの茎が太かったので、さっと湯通ししてみようとと思ったんですよね。

(葉っぱはほとんど切り取られていて茎のほうが多かった)

 

さっと短時間茹でて冷水で冷まします。まだしゃきっとしています。

それを1cmくらいの長さに切ってから、スライスしたかぶの実と一緒に塩もみしました。(実のほうは生のままです)

食べてみると、シャキシャキ感はそのままで、葉っぱの青臭さがなくなっている。

緑の色もすごくきれいですよ。それに噛みやすくもなってますし。

そしていちばん嬉しいのが、葉っぱを噛んでると、かぶの香りがしてくるんです。

私、浅漬けにした かぶの香りが大好きなんですよね。

かぶの実からも葉っぱからもいい香りがして とってもおいしいです。

 

こんなことまったく知らなくて、30年以上も損してた気がします。

今後は必ず茹でてから漬けることにします。(でも茹ですぎは禁物です)